スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁定聞いてきました

コナミに裁定を聞いたことは今までなかったのですが、今回どうしても腑に落ちないことがあったので聞いてきました。
そんなに難しいことでもないので、あっさり回答がもらえるだろうなと思っていたら……。



今回聞いたのは主に《マジカルシルクハット》《トランスターン》《ナチュル・アントジョー》です。
《マジカルシルクハット》
通常罠
相手のバトルフェイズ時に発動する事ができる。
自分のデッキからモンスター以外のカード2枚を選択する。
その2枚をモンスター扱い(攻/守0)として、
自分フィールド上に存在するモンスター1体と合わせてシャッフルし裏側守備表示でセットする。
デッキから選択して特殊召喚した2枚のカードはバトルフェイズ終了時に破壊される。


wikiの《マジカルシルクハット》のページでは「対象を取らない」となっていて、対象をとる(指定する)効果のページでは「対象を取る」となっていたため、改めて確認してきました。

Q:このカードは対象をとる(指定する)効果ですか?
A:いいえ、対象をとる(指定する)効果ではありません。(13/05/09)


あ、やっぱり対象取らないのね……。対象を取るなら《聖刻龍-ドラゴンヌート》とかとコンボできそうだったのに。
因みに既に編集してきたので、今は「対象を取る」のページに書かれていないはずです。






《トランスターン》

通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったモンスターと種族・属性が同じで
レベルが1つ高いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
「トランスターン」は1ターンに1枚しか発動できない。


Q:種族・属性・レベルはどこでの状態を参照しますか?
A:墓地です。
  つまり、元々の種族・属性・レベルに対して効果を適用します。(13/04/20)



とのことでしたが、では墓地の種族が変わっている場合はどうなのかと思い、《アンデットワールド》が発売されているときのことを聞いてみました。


Q:《アンデットワールド》が発動されていて、《焔征竜-ブラスター》をコストに《トランスターン》を発動した場合、特殊召喚してこれるのはアンデット族ですか、ドラゴン族ですか?
A:アンデット族です。(13/05/09)


《アンデットワールド》は墓地だけでなく場の種族も変更しますので、よく考えてみればどちらにしろアンデット族になっている気がします。
では、墓地だけ種族変更をするカードが登場したらどうなるか……、少し気になるところですが、まだ登場していませんので、今のところ関係はありませんね。






というわけで今回の目玉、《ナチュル・アントジョー》です。


《ナチュル・アントジョー》
効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 400/守 200
相手がモンスターの特殊召喚に成功した時、
自分のデッキからレベル3以下の「ナチュル」
と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。


Q:自分の発動した《浅すぎた墓穴》の効果によって相手がモンスターの特殊召喚に成功しました。
  この場合、《ナチュル・アントジョー》の効果の発動は可能ですか?

A:はい、可能です。(09/10/09)

とのことだったのですが、ADSでは《ギブ&テイク》では発動しないため、どのような違いがあるのかと思い質問してみました。
すると、中々予想外の答えが返ってきました。



Q:自分の発動した《浅すぎた墓穴》の効果によって相手がモンスターの特殊召喚に成功しました。
  この場合、《ナチュル・アントジョー》の効果の発動は可能ですか?

A:はい、可能です。(13/05/09)

とりあえず、改めて質問し直してみました。裁定は変わっていないようです。


Q:自分の発動した《ギブ&テイク》の効果によって相手がモンスターの特殊召喚に成功しました。
  この場合、《ナチュル・アントジョー》の効果の発動は可能ですか?

A:いいえ、できません。(13/05/09)

Q:自分の発動した《ミス・リバイブ》の効果によって相手がモンスターの特殊召喚に成功しました。
  この場合、《ナチュル・アントジョー》の効果の発動は可能ですか?

A:いいえ、できません。(13/05/09)

Q:自分の《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》を相手フィールド上に特殊召喚しました。
  この場合、《ナチュル・アントジョー》の効果の発動は可能ですか?

A:いいえ、できません。(13/05/09)


あら、できないのね。できません三連発に驚きつつも、とりあえず理由を聞いて見ることに。



Q:どうしてですか?
A:《ギブ&テイク》《ミス・リバイブ》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》はお客様が発動しているカードですので、相手が特殊召喚したとは見なされません。よって、《ナチュル・アントジョー》の効果発動できません。


なるほどね。ならなっと……いや、待てよ。じゃあ《浅すぎた墓穴》はどうなるんだ?
以前、twitterで質問してみたところ、某氏は「相手の墓地から相手モンス蘇生だから《浅すぎた墓穴》は可能で、《ギブ&テイク》では不可能」と答えてらしたのですが、この条件だと《ミス・リバイブ》も不可能なはずです。具体的にどう違うのかを聞いてみたのですが……、


Q:《ミス・リバイブ》は不可能で《浅すぎた墓穴》が可能な理由はどうしてですか。具体的に教えて下さい。
A:具体的には、こちらとしても案内できる情報がございません。


こ、これは……! 噂に聞いていた、あの……!


案内できる情報がないようです。なら仕方ないな……。




《ミス・リバイブ》は特殊召喚するモンスターを自分が選んでいて、《浅すぎた墓穴》は相手が選ぶため、そういう違いではないかとも思っていたのですが……、いやでも案内できる情報がないらしいです。じゃあ違うのかな……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

伝説の「カードが違います」キターー

No title

>具体的には、こちらとしても案内できる情報がございません
出たなw
どうなったらそんなことになるんでしょうかね…
自分たちが作ったカードなのにw
プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。