スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナーガ

今回は《ナーガ》を考えてみたいと思います。

BE2-JP167.jpg

ナーガというとインド神話の蛇神で、とても重要な神様だったように思うのですが、どうしてこんな姿になっているのでしょう。英語名も「蛇の姫」ですし……。
《ナーガ》
効果モンスター
星4/水属性/爬虫類族/攻1400/守2000
フィールド上に表側表示で存在するこのカードがデッキに戻った場合、
自分のデッキからレベル3以下のモンスター1体を特殊召喚する。



今回考えるのは《ナーガ》をどうやってデッキに戻すか、ということ。
《ナーガ》をデッキに戻す方法は、wikiでは《強制退出装置》《儀水鏡の反魂術》《モンスター回収》くらいしか書いていませんが、実は他にも色々あるんです。
くうねるさんに倣い、全てのカードを「デッキに戻」「デッキに加え」で検索し、その中でフィールド上のモンスターをデッキに戻すことのできるカードをピックアップしてみたいと思います。

よって、《ナーガ》の効果で何を持ってくるかという点に関しては今回は触れませんので、それはご了承ください。というか、範囲広くて一々触れてらんないよ;



《ヴェルズ・アザトホース》
リバース効果という遅いタイミングでしか戻せない上、《ナーガ》を特殊召喚しなければいけないこのカード。
基本的には相手に打つカードですし、流石にこいつは使えないでしょう。



《火車》
《ナーガ》以外にモンスターを必要とし、また《アンデットワールド》《DNA改造手術》が必要になるため、少しまどろっこしいカード。
とはいえ、《アンデットワールド》はサーチが効きますし、条件を満たすだけなら簡単。一考の余地ありか?
相手の場が一掃されているので、《X-セイバー エアベルン》《魂を削る死霊》の効果を使える点もよい。



《儀水鏡の反魂術》
《ナーガ》と共によく使われているカード。とはいえ墓地に水属性モンスターを2体落とすのが難しく、上手く使いこなしている人はあまり見ない印象。
《ナーガ》と相性の良い水属性がほかに居ないのが問題か。
もちろん、条件さえ整えられれば大きなアドを生むコンボなので、かなり強いことは確か。



《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》
ううん、いや、まどろっこしすぎるだろう…。
【宝玉獣】は星3のものが多いとはいえ、魔法罠ゾーンの宝玉獣も戻したのでは《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》も使えないし…。



《強制退出装置》
《ナーガ》と共によく使われているカード第二弾。こちらは汎用性の高いカードなので、あまり考えずに入れていてもまあ活躍させられるのが強み。
単純な除去カードとして《ゼンマイラビット》《ヴェルズ・サンダーバード》辺りと一緒に組み合わせてもいい。
ただ、使いやすいにコンボには繋ぎにくいのが欠点。基本的には相手の除去をするカードなので、《ナーガ》のリクルート効果と嚙み合うわけではない。



《局地的大ハリケーン》

ノーコメントで(笑)。



《グレイヴ・キーパー》
このカードが場に居るときに《ナーガ》が戦闘破壊されればデッキに戻る。……が、かなりまどろっこしいのが欠点。そもそも、特殊召喚しやすいわけではないこの2体を場に揃えるのが大変。
戦闘を介しているのでメインフェイズにはリクルートできず、更なるコンボにも繋ぎにくい。



《時械神メタイオン》
《ナーガ》と一緒に場に出す方法が謎だが、決まれば相手モンスター全てを除去した上で《ナーガ》の効果が使えるので強いかもしれない。
相手の場が一掃されているので、やはり《X-セイバー エアベルン》《魂を削る死霊》の効果も使える。



《地縛神 Wiraqocha Rasca》
これは無理でしょ……。《ナーガ》の居る状況で《地縛神 Wiraqocha Rasca》を召喚することができれば、《ナーガ》の効果が発動できる。
が、かなり不可能に近いコンボな気がするし、《ナーガ》で呼んでくるモンスターとも特に相性がよさそうではない。これは無理でしょ……。一応《死皇帝の陵墓》も使えるので、やってやれないことはなさそうだが…。



《自由解放》
個人的には割とオススメなカード。条件は面倒臭いが、実質的には《強制退出装置》と同様に使うことができる。
《強制退出装置》との違いは、
1.モンスターが戦闘破壊される必要がある(ダメージステップ時に発動が出来る)。
2.《強制退出装置》と違って、対象を自分で決めることができる。
ただし戦闘破壊される必要があり、攻撃対象を相手に任せるのでは《ナーガ》が破壊されない可能性もある。自爆特攻するなどの工夫をしなければ使いにくいか。



《セイクリッドの流星》
相手の場にセイクリッドが居る必要がある。《強制転移》を使うにしてもまどろっこしすぎる!



《輪廻転生》

儀式モンスターとのコンボが必要だが、儀式自体はサーチが簡単なので不可能ではないコンボ。
《儀水鏡の反魂術》とも相性がいいし、【リチュア】でギミックを組み込むのもいいかもしれない。



《カオスポッド》
カオスポッド is kami



《ファイバーポッド》
ファイバーポッド is gomi



《モンスター回収》
アド損するので正直使いやすくはない。とはいえ、ほとんど何の準備もなく《ナーガ》を発動させられるのは利点。手札が戻ってしまうので、それ以上のコンボには繋げにくい(通常魔法ならセットしていればいいが)ので、その辺りも考えどころ。



《スレイブタイガー》《フェザー・ウインド・アタック》《ラス・オブ・ネオス》《ミラクル・コンタクト》マドルチェ関連など
フィールド上のモンスターを、名称で指定してデッキに戻すカードたち。基本的には別のカードを使って《ナーガ》の名前を変える必要がある。
正直他のカードの名前を変えるカードなんて《ヒーロー・マスク》くらいしかないわけだし、ほとんど《E・HERO ネオス》に変えることになりそうだが、《ラス・オブ・ネオス》は発動させやすいし強いのかも。
後々名前を変えるカードが増えたら、《スレイブタイガー》やマドルチェ関連も使えるようになるかもしれないので、覚えておくといい。



というわけで、今回はこんな感じでした。結局のところ《強制退出装置》《儀水鏡の反魂術》くらいしかまともに使えそうなのはありませんが……、この中で何か使えそうなカードがあったなら、デッキにしてみても良いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カオスポッド is kami

カオスポッド is kami

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。