スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ玉姫なのか

 今回は、僕がなぜ【玉姫】のデッキを使っているのかを解説してみたいと思います。
 僕が【玉姫】を使っているのは、単純に眼鏡玉姫が好きだからというだけではなく、現状では【玉姫】が一番勝ちやすいデッキだと思ったからです。


 では、なぜ【玉姫】が一番勝ちやすいデッキなのでしょうか。結論から言えば、それは【玉姫】が「パワーとAURAのどちらにおいても高水準な」デッキだからです。

 そもそも、ラクエンロジックでは、パワーはとても重大な要素です。なぜなら、パワーが高いということは、相手に多くのカードを使わせられるということだからです。つまり、パワーの高いメンバーで攻撃あるいは防御をすることで、相手にディスアドバンテージを負わせることができるということです。攻撃や防御の度にディスアドバンテージを負わせることができれば、自分と相手のアドバンテージ差はみるみるうちに広がってゆくことでしょう。
 この観点から見れば、現状で最強のカードは《虎の咆哮! クロエ》だと思います。なぜなら、攻撃時には16000になり、10000の相手に+5000だけでは勝てない状況を作ることができ、防御時には14000になり、12000の相手に何もしなければ勝てない状況を作ることができるからです。
 しかし、どれだけパワーが高くても、AURA勝負になってしまっては意味がありません。いくら《虎の咆哮! クロエ》を使ったとしても、相手が逆理を出してしまえば、こちらが逆理を出すかAURA勝負に勝つかしなければ、負けてしまうことになります。しかも、《虎の咆哮! クロエ》は逆理やAURA+2のカードを手札に保つ手段が乏しく、AURA勝負ではそこまで優位に立つことはできません。つまり、パワーを上げるだけでなく、AURA勝負でも勝てるようにする必要があるということです。

 加えて、このゲームでは、攻撃時よりも防御時のパワーを上げるほうが重要だと考えられます。なぜなら、このゲームは、基本的に攻撃側が有利なように作られているからです。というのも、「パワーが同じ場合は攻撃側が勝利する」「合体した合理体はソウルの数だけパワーが上がる」というルールがあるために、互いに同じようなカードを使用し、パンプアップをしていない状況であれば、攻撃側が勝つようになっているからです。言い換えれば、攻撃側は何もしなくても勝てるが、防御側が何かしなければ勝てないということになります。攻撃時に過剰にパワーを上げたところで、AURA勝負に持ち込まれて意味がなくなる可能性があるということは、先に述べた通りです。
 また、このゲームは、同じメンバーが1ターンに複数回防御することはあれど、複数回攻撃することは基本的にないゲームです。つまり、攻撃時にパワーを上げた場合、そのパワーが活用されるのは一度なのに対し、防御時にパワーを上げた場合、そのパワーが複数回活用される可能性があります。特に門の枚数が少なくなってきた盤面においては、攻撃される門が限られてくるため、1枚のメンバーを集中的に強化する意味合いが強くなってくると思います。

 これらの考えから、僕は【玉姫】が一番勝ちやすいデッキだと判断しました。なぜなら、《大慌ての 玉姫》を使えば防御時にパワーを上げることができ、《二人で未来へ 玉姫》や《スイーツ系女子 小玲》でAURA+2を回収することができるためAURA勝負にも勝ちやすいからです。また、必然的に黄色のジスフィアのカードが多くなるため、《修羅天脚 聖那》《気力浸透 聖那》を使いやすいところも重要でしょう。《気力浸透 聖那》の効果を使うことができれば《大慌ての 玉姫》《スイーツ系女子 小玲》を出すことができ、更にアドバンテージを稼ぎやすくなります。

 具体的なデッキレシピやその内容に関しては、後日別の記事で解説したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。