【レッドアイズ】

【レッドアイズ】

無題

デッキ名を【エクシーズ軸真紅眼】【星3悪魔軸レッドアイズ】【彼岸レッドアイズ】【ソルキウスマジ神】辺りで迷っているのですが、何がいいのでしょうか?



デッキレシピ

44xMain Deck
35xMonster Card
2x《真紅眼の黒竜》
1x《メテオ・ドラゴン》
1x《ギャラクシーサーペント》
1x《ガード・オブ・フレムベル》
1x《真紅眼の不死竜》
1x《真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン》
2x《魔轟神ソルキウス》
2x《D-HERO ディアボリックガイ》
2x《馬頭鬼》
1x《超電磁タートル》
1x《マスマティシャン》
3x《魔サイの戦士》
2x《クリバンデット》
3x《魔界発現世行きデスガイド》
1x《トリック・デーモン》
1x《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》
2x《エキセントリック・デーモン》
3x《カーボネドン》
1x《グローアップ・バルブ》
1x《ミラー・リゾネーター》
3x《伝説の黒石》
9xMagic Card
1x《ワン・フォー・ワン》
1x《ハーピィの羽根帚》
2x《竜の霊廟》
1x《貪欲な壺》
1x《龍の鏡》
1x《おろかな埋葬》
1x《死者蘇生》
1x《星邪の神喰》

15xExtra Deck
1x《彼岸の旅人 ダンテ》
1x《メテオ・ブラック・ドラゴン》
1x《蒼眼の銀龍》
1x《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》
1x《PSYフレームロード・Ω》
1x《月華竜 ブラック・ローズ》
1x《真紅眼の鋼炎竜》
2x《迅雷の騎士ガイアドラグーン》
1x《No.11 ビッグ・アイ》
1x《永遠の淑女 ベアトリーチェ》
2x《甲虫装機 エクサビートル》
1x《幻想騎士団ブレイクソード》
1x《彼岸の旅人 ダンテ》



概要

「レッドアイズ」サポートカード、中でも《伝説の黒石》と相性のよいカードを組み合わせたデッキです。状況に応じて様々なSモンスターやXモンスターを繰り出すことで、ひと味違った【レッドアイズ】の動きをすることができます。
サーチ・リクルートが豊富なため動きは安定していますが、その反面サーチ・リクルートの対象の選択肢が豊富なため、毎回違ったモンスターを出すことができるところも特徴です。

このデッキは、手札にあっても使い道のないバニラカードや墓地で効果を発動するカードが多いため、それらのカードを処理するために《魔轟神ソルキウス》を利用します。
《魔轟神ソルキウス》は手札2枚と引き換えに特殊召喚されるというディスアドバンテージのカードですが、墓地で効果を発動するカードを使えばアドバンテージに換えることが可能です。また、《伝説の黒石》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》が何度も墓地から手札に戻ってきますので、これによってディスアドバンテージを軽減することも可能です。



プレイング

まず、序盤はできるだけ《魔轟神ソルキウス》を墓地に送ることを考えます。このデッキでは、手札で使い道のないカードが手札に多くあった場合には動けなくなってしまうので、それをできるだけ回避する必要があります。
《魔轟神ソルキウス》を墓地に送るカードとしては、《魔サイの戦士》《クリバンデット》《おろかな埋葬》《彼岸の旅人 ダンテ》《永遠の淑女 ベアトリーチェ》が存在し、それらをサーチ・リクルート・墓地送りするカードとして《魔界発現世行きデスガイド》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《マスマティシャン》が存在します。
また、《伝説の黒石》も重要なカードなので、できるだけ手札か墓地に握れるようにしておきましょう。《竜の霊廟》で《真紅眼の黒竜》と一緒に墓地に送ることで擬似サーチができるほか、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》で「レッドアイズ」モンスターと一緒に墓地に送ることでも擬似サーチができます。
この時、余裕があれば《彼岸の旅人 ダンテ》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》も墓地に送っておくとよいでしょう。この2枚のカードが墓地にあれば、《甲虫装機 エクサビートル》で装備することで大量のアドバンテージを稼ぐことが可能になります。

中盤以降は、自分や相手の状況を考慮して、適宜SモンスターやXモンスターを出してゆくだけです。



カード解説

《伝説の黒石》
このデッキのメインのカードです。
シンクロやエクシーズに使いやすい《真紅眼の黒竜》《真紅眼の不死竜》《真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン》をリクルートして、戦線の強化に貢献します。
それだけでなく、《真紅眼の黒竜》をデッキに戻すことで《カーボネドン》のリクルート先を確保したり、手札に戻ることで《魔轟神ソルキウス》のコストとなったり、とても有用なカードです。
あと、《真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン》をリクルートすると「え、《真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン》も出せたんですか」と驚かれるところもポイントです。

《魔界発現世行きデスガイド》《魔サイの戦士》《トリック・デーモン》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》
便利な星3悪魔族出張セットです。
メインの役割は《魔轟神ソルキウス》を墓地に送ることですが、それを終えた後もR3Xモンスターを作ったり、《トリック・デーモン》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《ミラー・リゾネーター》を墓地に送ったりできるなど、有用性は残ります。
また、《甲虫装機 エクサビートル》で装備すれば再びアドバンテージを稼ぐことができるところも重要です。
《トリック・デーモン》から《真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン》をサーチすることもできますが、僕は一度しかやったことがありません。

《カーボネドン》
状況に応じたドラゴン族通常モンスターをリクルートすることのできる、便利なカードです。
また、《PSYフレームロード・Ω》で墓地に戻せば、再び効果を使うことができるところも重要な点です。
《カーボネドン》はデッキ・手札にドラゴン族通常モンスターが居なくなった場合に使えなくなってしまうという欠点を抱えていますが、そこを《伝説の黒石》がある程度補ってくれるところもポイントです。
《メテオ・ドラゴン》を出しておけば、《龍の鏡》が使いやすくなるということも覚えておきましょう。

《甲虫装機 エクサビートル》
このデッキの切り札です。このデッキでは、様々なモンスターとのシナジーがあります。
《トリック・デーモン》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《彼岸の旅人 ダンテ》を装備した場合→特定のカードをサルベージ・リクルートしてアドバンテージを稼ぐことができます。
《魔サイの戦士》を装備した場合→《トリック・デーモン》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《ミラー・リゾネーター》を墓地に送ることができます。

《貪欲な壺》
主にEXデッキのモンスターとドラゴン族通常モンスターをデッキに戻します。
このデッキは墓地肥やしが重要なデッキですが、かなり早いスピードで墓地が増えていきますので、戻すカードがないという事態にはほとんど陥りません。
ただし、《龍の鏡》の存在は考慮しておいたほうがよいでしょう。
また、《PSYフレームロード・Ω》をS召喚した場合には、《D-HERO ディアボリックガイ》をデッキに戻すことも考えられます。



他に採用が考えられるカード

《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
ドラゴン族がそこまで多いわけではないため不採用になりました。
しかし、手札で腐った2枚目以降の《伝説の黒石》を有効活用できるなど、採用する余地はまだまだ残っていると思います。

《ダーク・アームド・ドラゴン》
墓地の闇属性が4枚以上になった場合に調整がしづらいため不採用になりました。

《聖刻龍-トフェニドラゴン》
上級モンスターが少なかったため不採用になりました。
これから上級モンスターを増やしていく場合は、まだ採用候補に上がってくると思います。

《エッジインプ・シザー》
R3Xモンスターの枠が少なかったため不採用になりました。

《魔轟神クシャノ》
《魔界発現世行きデスガイド》でリクルートが可能で、手札の《魔轟神ソルキウス》を処理できるため採用候補に上がりました。
しかし、《魔轟神ソルキウス》を処理するのにそこまでする必要が感じられなかったことと、Sモンスターの枠が少なかったため不採用になりました。

《破壊神ヴァサーゴ》
家を探したら無かったため不採用になりました。

《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》
家を探したら無かったため不採用になりました。
《トリック・デーモン》の存在から《メテオ・ブラック・ドラゴン》より出しやすいかもしれず、やはり強力なカードだと思います。

《始祖竜ワイアーム》
個人的にあまり好きではないため不採用になりました。
入れるべきだと思います。

《ライトロード・アーク ミカエル》
EXデッキの枠がなかったため不採用になりました。
非チューナーモンスターに《魔轟神ソルキウス》を使用すれば簡単に出せる上に、除去だけでなく墓地肥やしまでできるため非常に有用なカードだと思います。

《幻獣機ドラゴサック》
役割が《真紅眼の鋼炎竜》と被っていたため不採用になりました。

《紅玉の宝札》
「レッドアイズ」モンスターを思っていたほど採用しなかったため不採用になりました。
あと《真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン》が墓地に送ることができないので、とてもイライラします。



おわりに

久しぶりにとても気に入るデッキを作ることができたので記事にしました。
選択肢が豊富なため毎回違った動きができるというのは、使っていて飽きず、とても楽しいです。ただ、選択肢が多すぎて長考してしまうことがあるのは困りどころですが。

【レッドアイズ】はサポートカードが豊富で、また色々な方向に散らばってしまっているために、様々な組み方をすることができることが魅力だと思います。まさに、「蒼き龍は勝利をもたらす。しかし、紅き竜がもたらすのは勝利にあらず、可能性なり。」という言葉の通りだと思います。

元々は《魔サイの戦士》《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》で《破壊神ヴァサーゴ》をサーチ・墓地送りすることで、様々な融合に利用するデッキだったはずなのですが、どうしてこうなったのかは僕にも分かりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR