スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズドラTCG 第1弾 「旅立ちの刻」発売

昨日、パズドラTCG 第1弾 「旅立ちの刻」が発売しました。
今回も後輩と二人で20時間ほど触ってきたので、それに関する私見などを述べてみたいと思います。


概観

パズドラTCGの基本的なルーリングに関して感じたことは、概ね以前書いた通りです。
「落ちコン」などの運要素はあるが、構築やプレイングでかなりカバーができること、ドローやサーチが少ないので、思ったように動けるとは限らないことなどの感覚は、第1弾が発売されても変わっていません。
なので、それらを踏まえて構築やプレイングを考えていかなければならないかなと思います。

個人的には、現状で「壊れ」と呼べるほどカードパワーの高いものがなく、どのデッキを使ってもある程度戦えるように思います。
例えば、恐ろしい火力を誇る《龍王・ゼローグ》はコストなどの関係から実現しづらく、《重装剣龍・ディアゴルドス》は相手がそれを出すことが分かってさえいれば、プレイングでかなりの部分対処することができます。
デッキの相性如何によってかなり厳しい戦いを強いられることももちろんありますが、どのデッキが特別強いというようなことは感じられませんでした。
そもそも、運要素が強く、どれだけ構築・プレイングを練っても「落ちコン」が悪ければ勝てないこともありますし、絶対に勝てるデッキというものは存在しないのだと思います。

使いづらいカードは存在しますが、現状でもかなりのカードが活躍することができ、様々なデッキを組むことができるので、環境としてはかなり良い感じなのではないかと思います。

もちろん、二人で回しただけなので、気付いていないことも多々あるかもしれませんが……。



デッキの種類

現状では、以下のような種類のデッキが組めるのではないかと思います。
1.【スタンダード】
2.【ドラパ】
3.【除去コントロール】
4.【速攻】

【スタンダード】
特にコンボを考えることなく、単体で強力なカードを投入したデッキです。
現状では西洋神、攻撃態勢組、回復タイプ、歴龍、天空龍など、コンボはできないが強力な効果を持つカードは多く存在し、何も考えずに構築をすればこのようになるのではないかと思います。
《覚醒ゼウス》《重装剣龍・ディアゴルドス》を切り札にするような場合でも、特にコンボがないのなら【スタンダード】と呼べるでしょう。

【ドラパ】
ドラゴンパーティの略称。原作パズル&ドラゴンズでよく使われる名称を借用しました。その名の通り、ドラゴンタイプのモンスターをメインに攻めていくデッキです。
現状ではタイプを参照するカードが《龍王・ゼローグ》《エンシェントドラゴンナイト》《カオスドラゴンナイト》しかないため、タイプを使うデッキといえばこれになります。
このデッキの魅力は、何と言っても《龍王・ゼローグ》《エンシェントドラゴンナイト》の突破力でしょう。一ターンで多くのライフを削ることができるのは、他のデッキにはない強みだと考えられます。また、サーチ・サルベージ手段の乏しい現状において、《ドラゴンプラント》という優秀なサルベージカードを擁しているのも強みだと考えられます。
しかし、《龍王・ゼローグ》《エンシェントドラゴンナイト》《カオスドラゴンナイト》はどれも2進化モンスターで、かつコストも要するため、効果を発動するのは決して容易ではなく、上手く工夫をしなければ何も活かせないまま終わることになるかもしれません。

【除去コントロール】
《重装剣龍・ディアゴルドス》《紅蓮の女帝・エキドナ》《マグマブレス》天空龍といった、相手の進化後モンスターを除去するカードを主体としたデッキです。上手く決まれば、相手に何もさせないまま終わらせることができ、非常に強力な戦法だと言えます。
特に、相手が初期モンスターとして《金のタマゴ》を多く採用している場合には、《金のタマゴ》まで退化させることで、攻撃・防御を非常にやりやすくすることができ、高い攻撃力と防御力を兼ね備えることも可能です。

【速攻】
初期モンスターに《金のタマゴ》をほぼ採用せず、序盤から少ないコンボ数で攻撃を重ねて勝利するデッキです。
たとえ100でも攻撃力があれば攻撃することができるので、相手をロールさせることができ、それを続けていくことで、相手に確実にダメージを与えていくことができます。
特に、相手が初期モンスターとして《金のタマゴ》を多く採用している場合には、《金のタマゴ》を進化させるまでに攻撃することでダメージを稼ぎやすくなるため、非常に有利だといえるでしょう。

個人的には、どれも一長一短といったところですし、どれも勝てるデッキだと思います。
他に考えるとしたら、西洋神や歴龍でドローを重ねて、それをスキルカードに使用するデッキや、同じ属性のモンスターを多くして《エンジェリオン》《ドラウンジョーカー》を使いやすくしたデッキなどでしょうか。
もちろん、他にも様々なデッキがあると思いますので、ここに載っていないデッキをなにか知っているという方は、コメント・メールなどで知らせていただけると幸いです。



《金のタマゴ》のメリット・デメリット

《金のタマゴ》は多くのモンスターに進化させるために必要なカードであり、とても重要なカードになってきますが、その分デメリットも多いです。
特に、進化するまでは攻撃・防御ができないので、攻撃力も防御力も大幅に削られてしまうことが痛いでしょう。
ただし、通常の初期モンスターでは進化後のカードは1種3枚しか入れられないのに対し、《金のタマゴ》では進化後のモンスターを複数種類入れることができるため、「進化ができない」という事故を大幅に軽減することが可能です。
そのため、個人的には《金のタマゴ》を複数枚採用し、進化後モンスターは3種~6種くらい採用した構築のほうが好きなのですが、《金のタマゴ》でなくても強いカードは存在するため、それは個人の好みやデッキによって変わってくるでしょう。



今回の感想は以上になります。

個人的には、強すぎるカードが存在しないという点でバランス調整がしっかりされており、とても好感が持てるカードゲームだと思います。これからも、同様にバランス調整がなされると嬉しいですね。
今回は僕が使用しているデッキについては触れませんでしたので、次回からはそちらについても触れていこうかと思います。

何かありましたら、コメント・メールにてお知らせください。
パズドラTCGに関して、こんなことが聞きたい、あんなことが知りたいというような内容でも結構です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。