スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ピルルクACRO】

ルリグデッキ
1x《コード・ピルルク
1x《コード・ピルルク・K
1x《コード・ピルルク・B
1x《コード・ピルルク・G
1x《コード・ピルルク・Ω
1x《コード・ピルルク ACRO
1x《ドント・ムーブ
2x《アンシエント・サプライズ
1x《デッド・スプラッシュ

メインデッキ
レベル1 (18/8枚)
4x《コードアート R・F・R
4x《コードアート G・R・B》*
1x《コードアンチ クリスカル
1x《コードアンチ ヘンジ
4x《サーバント O》*
4x《サーバント O2
レベル2 (8/4枚)
2x《コードアート M・M・R
2x《コードアンチ アステカ
4x《サーバント D》*
レベル3 (4/0枚)
4x《幻水 シャークランス
レベル4 (4/4枚)
4x《コードアート A・C・G》*
レベル5 (4/4枚)
4x《コードラブハート C・M・R》*
スペル (4/0枚)
2x《CRYSTAL SEAL



解説は追記から。
【タママユ】が環境に多いことを考慮して、【タママユ】を大幅にメタった構築の【ピルルクACRO】。
環境を見て少し特殊な構築にしてありますので、環境が変われば構築も変える必要があると思いますが、基本的にはこのような構築になるのではないかと思います。

このデッキを使うに当たって、常に念頭に入れておくべきことは
・相手ルリグの攻撃は全部ガード
・マユに乗られても耐えられるようエナを残しておく
・アステカヘンジクリスカルはエナに残しておく
・《コード・ピルルク ACRO》に乗るまで相手のシグニは極力攻撃しない
です。

【タママユ】の恐ろしさは、追加ターンによる詰め能力なので、それさえ凌ぐことができれば然程強くはありません。それゆえ、追加ターンを凌ぐことを第一に考えます

追加ターンを含む猛攻を凌ぐためには、防御アーツを使うことライフクロスを残すことが必要になります。そのため、防御アーツを使うためのエナを残すことと、相手のルリグの攻撃をガードすることを常に念頭に置いておきましょう。
確実に勝てるという場合を除き、《アンシエント・サプライズ》は攻撃に使用せず、エナを残すためにグロウをスキップすることも考えなくてはなりません。

相手のシグニを攻撃すれば、相手の手札が枯渇することを狙えますが、後々に《コード・ピルルク ACRO》にグロウすれば最終的に相手の手札はなくなりますので、わざわざ攻撃して枯渇させる必要はありません
むしろ、攻撃をしないことでエナを貯めさせず、かつ《コード・ピルルク ACRO》で手札まで枯らしてしまうことを狙ったほうがよいでしょう。たとえこれは《宝具 ミカガミ》《忘得ぬ幻想 ヴァルキリー》などのシグニでも、攻撃する必要はありません。どうせ後で全てなくなります。
とはいえ、《コードアンチ マチュピ》などの場を空けてくるシグニは危険なので殴らなければいけませんし、《コード・ピルルク ACRO》に乗った後は基本的に相手のシグニは全て殴るべきです。



各カード解説

《コード・ピルルク・B》
《羅石 アメジスト》に強い構築にしたいと思って採用しました。
ほぼ気休め程度です。

《コード・ピルルク・G》
《コード ピルルク・Γ》でも良かったのですが、エナが足りないデッキのため、効果を使用することはないと思い《コード・ピルルク・G》を採用しました。

《コード・ピルルク ACRO》
グロウ時の全ハンデスは非常に強力ですが、グロウを遅らせることがあり、あまり有用には使えないことも多いです。
全ハンデスすることをあまり重要視せず、とりあえずはエナを残しておくことを考えましょう。

《コードアンチ クリスカル》《コードアンチ ヘンジ》《コードアンチ アステカ》
《コードアンチ ヘンジ》2枚でも良かったのですが、《フィア=リカブト》対策を考えて《コードアンチ クリスカル》も1枚だけ挿してみました。
ただ、《コードアンチ ヘンジ》は《ペイル/メイデン イオナ》対策にもなりますので、やはりどちらがいいかは悩みどころです。

《サーバント O》《サーバント O2》《サーバント D》
とにかくガードをすることが重要なデッキなので、普通よりも多めに入れてみました。
また、エナチャージのLBを持つサーバントを8枚採用しているため、エナが増えやすくなる可能性も狙っています。
レベル1レベル2で固めているのは、《一覇二鳥》《轟炎 花代・爾改》をほぼ見ないためレベル1レベル2でも問題がないことと、《コードラブハート C・M・R》2体を並べる際に出せるシグニがレベル1レベル2しかないことが理由です。

《CRYSTAL SEAL》
エナを増やすことのできる非常に有用なカードですが、【ピルルク】にしては手札確保手段に乏しく、事故も怖いため2枚に抑えています。



不採用カード
《コードアート M・G・T》
《コード・ピルルク・Ω》効果によるハンデスはあまり行わないため、手札を確保する理由が薄いかと思って不採用にしました。
とはいえ、強力なカードであることは変わりありませんので、もし枠が生まれたら確実に入ってくるカードだと思います。

《コードハート V・A・C》
スペルをほとんど抜いてしまったことと、エナが足りないなどの理由で不採用になりました。
《劣情の割裂》などが入る場合は一考の余地があると思います。

《BAD CONDITION》
攻撃をしている場合じゃない(守らなければ負ける)、エナが足りない、《先駆の大天使 アークゲイン》に効かないなどの理由で不採用になりました。
除去は《コードラブハート C・M・R》効果でも足りる印象です。

《劣情の割裂》
【緑子】などを対策するなら入れても良いカードだと思います。
今回はかなりタママユに寄せた構築になっているため、不採用になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。