スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ルールについて

VJのフラゲ情報が出たらしく、3月21日から変更されるルールの詳細が出たようです。
今回はそれについて、少し思ったものをまとめてみたいと思います。

この間更新してから間が無いですが、せっかく面白そうなネタが来たので。
前の更新をするまでだいぶ時間が空いてしまいましたから、その代わりという意味も込めて。
 今回発表された新ルールは以下の3つです。
・先攻ドロー禁止
・フィールド魔法を互いに発動できる
・ペンデュラム召喚

 それでは、これから個別に見て行きたいと思います。



先攻ドロー禁止
 これは妥当というか、何故今まで放置してきたのかが分からないくらいです。
 何度も言われていたので、早く改正しないのかとずっと考えていました。
 これで「先に伏せたほうが圧倒的有利」「先行ゲー」と言われていたことがある程度緩和されたのではないでしょうか。とはいえ、それでも完全に差が埋まったわけではなく、まだまだ先攻が有利な面は残っているかもしれませんが、それはじゃんけんで勝ったのだから仕方がないということで。

 個人的には、先攻ワンキルとかがやりにくくなるので、正直あまり嬉しくはないのですが



フィールド魔法を互いに発動できる
 正直なところ、これは変えなくてよかったのではないかと思っています。
 フィールド魔法といえば、デッキや動きにかなり影響を与えるカードであり、デッキギミックの根幹を成すこともありました。それだけでなく、アニメなどではフィールド魔法に合わせて風景が変わるなど、デザイン上でも重要な役割を担っていたと思います。
 今回、お互いにフィールド魔法が発動できるようになり、「自分たちの居た世界が突然摩天楼になった」「突然荒野になった」というようなことがなくなり(片側だけ反映されるようになり)、絵的に少し面白くなくなってしまったのではないかと思います。
 個人的には、全く別のフィールド魔法が発動されていた時に、《摩天楼 -スカイスクレイパー-》を発動して、風景が完全に切り替わる――というようなシーンが好きだったため、あれがなくなるのかと考えると、少し寂しいような気がします。

 実際のデュエルをする上では、個人的にはプラスともマイナスとも取れる変更でした。
 【ゴーストリック】のように、強くフィールド魔法に依存するデッキを使うこともあれば、《ブラック・ガーデン》や《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》など、フィールド魔法を破壊することが目的のカードを使うこともあるため、フィールド魔法の「張り替え」が苦手なデッキと得意なデッキ、両方を使っていたためです。
 ですから、あまり文句も言えないし、かといって喜ぶこともできないというような、複雑な心境です。
 とはいえ、【地縛神】を維持しやすくなったりとか、《魔法都市エンディミオン》を軸に据えたデッキを使いやすくなったりと、やはり嬉しい面のほうが強いのかなとも思います。



ペンデュラム召喚
 ペンデュラム召喚についてはあまりいい意見を聞きませんが、個人的にはさきほどと同じく、嬉しい面と悲しい面があって複雑な気持ちです。

 ペンデュラム召喚は、その性質上、手札に多くのモンスターがあるほど効果的に使うことができます。ですから、モンスターの多いデッキをよく作る傾向にある僕にとっては、とても使いやすい効果なのではないかと思います。
 その反面、手札のカードを簡単に展開することができるようになり、工夫してSSする必要性が薄れてしまったかもしれないと考えると、少し作り甲斐がないような気がします。

 ただ、ペンデュラム召喚のためにはカードを2枚使用しなければならず、また魔法扱いとなるため《サイクロン》などで破壊されてしまうことも考えられます。それを考慮すると、ペンデュラム召喚を狙うのは決して容易というわけではなく、考えて構築・プレイングをする必要があるのかなとも思います。
 とはいえ、《サイクロン》で破壊されてもEXデッキに戻り、後々ペンデュラム召喚が可能となったときに場に出すことができるようになるため、《サイクロン》に対する弱さはそこである程度緩和されているはずです。恐らく、破壊された時にEXデッキに戻るという効果は、それを考慮してのことではないでしょうか。
 そもそも、途中で「Pゾーンに置いたとき、カードを1枚ドローする」みたいなカードが出て、アド損をしなくなるような気がしますが……。
 
 他に、ペンデュラム召喚に関して、僕が意識しているのは以下のようなことです。
・通常召喚やアドバンス召喚によって効果を使うことができるようになるカードや、特殊召喚モンスターは少し使いづらくなるかもしれない。
・【帝コントロール】【スピリット】には関係のない話。
・《黄泉ガエル》の蘇生は阻害するのか。
・阻害するとしたら、【帝コントロール】【スピリット】には全く関係のない話。
・《E・HERO フレア・ネオス》《E・HERO マグマ・ネオス》などが少し強くなる。
・《カブトロン》などが少し強くなる。
・《星見獣ガリス》などでめくったときはモンスター扱いになるのか。
・《サイクロン》《大嵐》の重要度が上がったかもしれない。
・最近流行りの《邪神の大災害》や、《魔法効果の矢》《妖精の風》などの重要度も上がったかもしれない。
・【ガジェット】などで手札消費をカバーすればすごいことになりそう。
・ガジェットを2枚以上一度にSSすることで、チェーンを稼ぐことができる。(《サモンチェーン》などが使える)
・《奈落の落とし穴》《ヴェルズ・ナイトメア》の重要度が上がったかもしれない。
・《記憶破壊者》がんばれ。
・エクシーズやシンクロに使いやすい効果なので、エクシーズやシンクロが今まで以上にやりやすくなるかもしれない。そうなると、アニメにはどちらも継続して登場することになるし、カードとしてもこれまで以上にエクシーズやシンクロが推されていくことになるかもしれない。

 何はともあれ、面白そうに感じる面もあればつまらなそうに感じる面もあって、今の段階では一概に評価はしづらいと言ったところでしょうか。まだ回してもいませんし、あまり尚早な判断はしたくありません。
 使いようによっては非常に面白いものになると思いますし、カード自体の調整を上手くやれば悪いことにはならないと思うので、その辺りを上手くやってくれればいいな、という感じです。/strong
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです
なんか急に凄い発表がきましたね…
もはや今までの遊戯王はなんだったのか、という改変レベル
先攻ドロー禁止はまあどのような影響があるかわかりませんが、フィールド魔法はなぁ
それしちゃうと永続魔法と大差なくなってしまうって思ってしまいました
黒庭とかお互い張った時の裁定とか大変だろうなw
ただアニメ的演出は考えてませんでしたw
確かにスカイスクレーパーの演出は良かったですよね!
そこに映えるフレイム・ウィングマンのかっこよかったことよ
今見ると古代の機械巨人の場違い感に笑いそうですがw

ペンデュラム召喚は3回くらい読んでようやく理解しました
おじさんには難(ry
ペンデュラムゾーンに左右異なるスケール、たとえば左がスケール3で右がスケール5ならレベル4モンスターを手札及びエクストラから出せるんですよね?(合ってます?)
現状どうなるかわかりませんが、黄泉ガエルや最近のカードだとハッスル・ラッセルとかの裁定が気になりますね…
しかし帝コントロールにスピリットはぶれないなぁw

長文失礼しました
プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。