スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーストリック出張のすすめ

今回はゴーストリックのカードを出張させることについて考えてみたいと思います。
せっかく聖夜ですから、聖夜らしいものをと思ったのですが、どちらかと言うとハロウィンですね……。

1895774_original.jpg
ゴーストリックを出張させる場合、メインになるのは《ゴーストリック・キョンシー》《ゴーストリック・マリー》の2枚です。
この2枚はお互いにサーチ・リクルートし合うことができ、《ゴーストリック・マリー》の条件のためにダメージは受けてしまいますが、場に絶えず星3モンスターを置いておくことができます。
また、後述しますが、《ゴーストリック・キョンシー》はステータスが優秀なモンスターなので、その点でも出張に向いていると思われます。
ゴーストリックを出張させる場合は、この2種類に《ゴーストリック・ランタン》《ゴーストリック・スペクター》《ゴーストリック・フロスト》辺りを加えていくことになるでしょう。

《ゴーストリック・キョンシー/Ghostrick Jiangshi》
効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻 400/守1800
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついた
モンスターが存在する場合のみ、
このカードは表側表示で召喚できる。
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
また、このカードがリバースした時、
自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの数以下のレベルを持つ、
「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
「ゴーストリック・キョンシー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

《ゴーストリック・マリー》
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 100/守1600
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、
このカードは表側表示で召喚できる。
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
また、戦闘またはカードの効果によって自分がダメージを受けた時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。
「ゴーストリック・マリー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。





それでは、どういうデッキにゴーストリックを出張させるかを、以下の6通りに分けて解説していきます。
・防御力の低いデッキ
・悪魔族・アンデット族の枚数を稼ぎたいデッキ
・R3、R1を使いたいデッキ
・《悪夢再び》を使うデッキ
・《デブリ・ドラゴン》を使うデッキ
・《龍の鏡》を使うデッキ




・防御力の低いデッキ
《ゴーストリック・ランタン》《ゴーストリック・スペクター》《ゴーストリック・フロスト》などを擁するゴーストリックは、防御力が高いことで知られています。もし、手持ちのデッキの防御力を高めたい場合は、ゴーストリックを出張してやることで補うことができるでしょう。
ただし、《ゴーストリック・マリー》はダメージを受けなければ発動できないので、その点には注意が必要です。



悪魔族・アンデット族の枚数を稼ぎたいデッキ
ゴーストリックを出張させると、単純に悪魔族やアンデット族の枚数を増やすことができます。
悪魔族の場合は、例えば岩石族デッキで《ダーク・コーリング》を使いたい場合や、《死霊操りしパペットマスター》で蘇生させるモンスターを増やしたい場合などが考えられます。
アンデット族の場合は、例えば《酒呑童子》を使いたい場合などが考えられます。



・R3、R1を使いたいデッキ
ゴーストリッは場持ちがよく、特に《ゴーストリック・キョンシー》《ゴーストリック・ランタン》《ゴーストリック・スペクター》《ゴーストリック・フロスト》は相手ターンにSSされ生き残ることが多いため、返しのターンでシンクロ・エクシーズなどに使うことができます。
レベルが低いため、シンクロに使う場合はさほど強力にはならないかもしれませんが、R1やR3のエクシーズを出したいデッキでは、少ない消費と難しくない条件で、星1星3のモンスターをSSすることができます。



《悪夢再び》を使うデッキ
ゴーストリックでは、《ゴーストリック・ランタン》《ゴーストリック・スペクター》《ゴーストリック・シュタイン》《ゴーストリック・デュラハン》の4種類が《悪夢再び》に対応しており、サルベージ対象を墓地に置くために使うことができます。
《悪夢再び》は単体でアドを稼ぐことのできる優秀なカードですが、対象の範囲が微妙に狭く、対象となるカードを複数枚入れなければ使いづらいところが欠点でしたが、それを克服することができます。

《悪夢再(あくむふたた)び/Recurring Nightmare》
通常魔法
自分の墓地から守備力0の闇属性モンスター2体を選択して手札に加える。





《デブリ・ドラゴン》を使うデッキ
《ゴーストリック・キョンシー》はA500以下なので、《デブリ・ドラゴン》でSSすることができます。《ゴーストリック・マリー》を使えば容易にSSできるため、《デブリ・ドラゴン》の対象となるカードが墓地に居らず、腐ってしまう状況を少なくすることができると思います。
また、《ゴーストリック・キョンシー》は星3なので、強力な星7ドラゴン族シンクロモンスターである《ブラック・ローズ・ドラゴン》《妖精竜 エンシェント》などを出すこともできるため、それらを使いたい場合にも考慮するとよいでしょう。
ちなみに、そこに《ゴーストリック・ランタン》《ゴーストリック・スペクター》などを足せば星8シンクロも出せますし、更にもう1枚加えてやると《氷結界の龍 トリシューラ》も見えてきます。

《デブリ・ドラゴン/Debris Dragon》
チューナー(効果モンスター)
星4/風属性/ドラゴン族/攻1000/守2000
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の攻撃力500以下のモンスター1体を選択して
表側攻撃表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
このカードをシンクロ素材とする場合、
ドラゴン族モンスターのシンクロ召喚にしか使用できず、
他のシンクロ素材モンスターはレベル4以外のモンスターでなければならない。





《龍の鏡》を使うデッキ
《龍の鏡》で《ゴーストリック・キョンシー》2体を除外することで、《冥界龍 ドラゴネクロ》を出すことができます。手札消費1枚で突然A3000のモンスターを出せるのは強力で、この動きはどのデッキにも採用できる動きです。
《龍の鏡》を採用したいが、対象となるカードがあまり入れられず、腐ってしまうかもしれない。そういう場合に、ゴーストリックを出張するとよいでしょう。

《龍の鏡(ドラゴンズ・ミラー)/Dragon's Mirror》 †
通常魔法
自分のフィールド上または墓地から、
融合モンスターカードによって決められたモンスターをゲームから除外し、
ドラゴン族の融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。
(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)







如何だったでしょうか。この他にも、ゴーストリックを出張するメリットはあると思います。そのため、ゴーストリックは非常に多くのデッキに出張できるカード群と言うことができます。
《ゴーストリック・マリー》《ゴーストリック・キョンシー》を3枚ずつ入れるとだいぶスペースを取ってしまうため、その点には注意が必要ですが、様々なデッキの幅を広げてくれる、良い出張セットだと思います。

前述した弱点を2つ3つ抱えているデッキにゴーストリックを入れれば、弱点が補強されただけでなく、独自のオリジナルなデッキを作ることにもできるようになります。ですから、このような弱点を抱えているデッキを作った場合は、是非ゴーストリックの出張を考慮してみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。