スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《冥界龍 ドラゴネクロ》考察

今回は《冥界龍 ドラゴネクロ》の考察をしたいと思います。
久しぶりのまともな【アンデット族】サポートで、個人的にはとても注目しています。(【ヴァンパイア】は【アンデット族】のサポートではなく、別のデッキとしてカウント)

単体でも強力なカードですが、様々なコンボを考えることもできる面白いカードなので、非常に考え甲斐があると思います。

《冥界龍 ドラゴネクロ》
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守 0
アンデット族モンスター×2
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
このカードと戦闘を行うモンスターはその戦闘では破壊されない。
また、このカードがモンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時、
そのモンスターの攻撃力は0になり、
そのモンスターの元々のレベル・攻撃力を持つ
「ダークソウルトークン」(アンデット族・闇・星?・攻?/守0)1体を
自分フィールド上に特殊召喚する。
「冥界龍 ドラゴネクロ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。




《冥界龍 ドラゴネクロ》を融合召喚する



《融合/Polymerization》
通常魔法
手札・自分フィールド上から、融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を
エクストラデッキから特殊召喚する。

手札消費は多くなりますが、一番オーソドックスな方法で、一番サポートカードの多い方法でもあります。
《沼地の魔神王》を入れれば《魂を削る死霊》《ファラオの化身》が《デブリ・ドラゴン》を共有できるようになりますし、《E・HERO フォレストマン》を入れれば属性HEROを出すこともできるようになります。
また、《ナイトメアを駆る死霊》などの別の融合モンスターを出すことも可能です。


《龍の鏡/Dragon's Mirror》
通常魔法
自分のフィールド上または墓地から、
融合モンスターカードによって決められたモンスターをゲームから除外し、
ドラゴン族の融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。
(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)

手札消費を最も少なくでき、かつ奇襲性も高く、非常に強力な方法です。通常の【アンデット族】に数枚挿すだけでも仕事するため、基本的にはこの方法で良いでしょう。
墓地のアンデット族を除外するのは、【アンデット族】には少々痛いデメリットとなりますが、それを補って余りあるモンスターを出すことができます。


《超融合/Super Polymerization》
速攻魔法
手札を1枚捨てて発動できる。
自分・相手フィールド上から融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を
融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
このカードの発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない。

手札消費は《融合》の場合と変わりありませんが、相手モンスターを除去することができ、かつ阻害されないという点で強力な方法です。
自分のモンスターだけで融合してしまうと《融合》よりも手札消費が多くなってしまうため、できる限り相手モンスターを使いたいところです。
相手がアンデット族を使う可能性は少ないため、基本的にはこちらで用意することになります。そのためのカードが《アンデットワールド》《DNA改造手術》になります。特に前者は墓地にも作用しますので、様々なシナジーが考えられます。
《アンデットワールド》の利用方法に関しては後述しますが、詳しくはこちらに書いていますので、そちらも参照してください。



墓地に落ちた《冥界龍 ドラゴネクロ》を蘇生する
《冥界龍 ドラゴネクロ》はアンデット族ではなくドラゴン族のモンスターになります。それゆえ、《馬頭鬼》《生者の書-禁断の呪術-》などでは蘇生できませんが、ドラゴン族のサポートカードを使って蘇生することが可能になります。
もちろん、《アンデットワールド》を貼っていれば、アンデット族のサポートカードで蘇生させることが可能です。そのときは、ドラゴン族のサポートカードが使えないことに注意してください。


《ライトパルサー・ドラゴン/Lightpulsar Dragon》
効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2500/守1500
このカードは自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを
1体ずつゲームから除外し、手札から特殊召喚できる。
また、手札の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ墓地へ送り、
このカードを自分の墓地から特殊召喚できる。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
自分の墓地のドラゴン族・闇属性・レベル5以上の
モンスター1体を選択して特殊召喚できる。

簡単に《冥界龍 ドラゴネクロ》を蘇生させられる方法の一つです。
【アンデット族】は《ゴブリンゾンビ》のお陰で手札を増やしやすく、また《闇竜の黒騎士》などの光属性モンスターも擁していますので、決して相性は悪くないと思います。
《邪神機-獄炎》《カオス・ソーサラー》などと一緒にR6シンクロを作れる点も注目に値します。


《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン/Red-Eyes Darkness Metal Dragon》
効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在するドラゴン族モンスター1体を
ゲームから除外し、手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に手札または自分の墓地から
「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外の
ドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。

ドラゴン族の強力なサポートカードですが、基本的には【アンデット族】になりますので、少々使いにくいかもしれません。
このカードを使用する場合は、《竜魔人 クィーンドラグーン》などの方法でドラゴン族を出すことも考えていきましょう。【アンデット族】はR4が作りやすいため、《竜魔人 クィーンドラグーン》も簡単に出すことができます。


《竜魔人 クィーンドラグーン/Queen Dragun Djinn》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/ドラゴン族/攻2200/守1200
レベル4モンスター×2
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
「竜魔人 クィーンドラグーン」以外の
自分のドラゴン族モンスターは戦闘では破壊されない。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
自分の墓地のレベル5以上のドラゴン族モンスター1体を選択して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
このターンそのモンスターは攻撃できない。

《冥界龍 ドラゴネクロ》の効果は無効になってしまいますが、単純に3000の打点として蘇生させることができます。
前述していますが、【アンデット族】はR4が作りやすいため、非常に簡単に出していくことができるでしょう。



《アンデットワールド》を利用する

《アンデットワールド/Zombie World》
フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上及び墓地に存在する
全てのモンスターをアンデット族として扱う。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
アンデット族以外のモンスターのアドバンス召喚をする事はできない。

《アンデットワールド》があることで、《馬頭鬼》や《傀儡虫》を使ったり、相手の種族サポートを封じたりすることができます。しかし、今回はそれ以外の《アンデットワールド》の使い道について、あまり知られていないものを中心に記述していきたいと思います。
詳しくはこちらで書きましたので、今回は短めに済ませます。


《酒呑童子/Shutendoji》
効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1500/守 800
1ターンに1度、次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分の墓地に存在するアンデット族モンスター2体を
ゲームから除外する事で、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
●ゲームから除外されている
自分のアンデット族モンスター1体をデッキの一番上に戻す。

《酒呑童子》の第一効果で、全ての墓地のモンスターを除外することができるようになります。
また、この時、《エクリプス・ワイバーン》や「征竜」を除外すると、更にこれらの効果を使うこともできます。「征竜」に関しては、後で詳しく記述します。


《超融合/Super Polymerization》
速攻魔法
手札を1枚捨てて発動できる。
自分・相手フィールド上から融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を
融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
このカードの発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない。

前述しましたが、全ての相手モンスターを融合素材に選択することができるようになります。
速攻魔法で、かつチェーンされない効果も持つため、非常に強力です。


《龍の鏡/Dragon's Mirror》
通常魔法
自分のフィールド上または墓地から、
融合モンスターカードによって決められたモンスターをゲームから除外し、
ドラゴン族の融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。
(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)

《龍の鏡》で《冥界龍 ドラゴネクロ》を出す場合に、全てのフィールド・墓地のモンスターを除外することができるようになります。
また、この時、《エクリプス・ワイバーン》や「征竜」を除外すると、更にこれらの効果を使うこともできます。「征竜」に関しては、後で詳しく記述します。



「征竜」と【アンデット族】を組み合わせる
強力な属性サポートである「征竜」は、【アンデット族】ともいくつかのシナジーを形成します。
詳しくはこちらで書きましたので、今回は短めに済ませます。


《巌征竜-レドックス/Redox, Dragon Ruler of Boulders》
効果モンスター
星7/地属性/ドラゴン族/攻1600/守3000
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族
または地属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと地属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、
自分の墓地のモンスター1体を選択して特殊召喚する。
このカードが除外された場合、
デッキからドラゴン族・地属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「巌征竜-レドックス」の効果は1ターンに1度しか使用できない。p>

主な地属性アンデット族は以下の通りです。
・《酒呑童子》
・《ピラミッド・タートル》
・《ファラオの化身》
・《馬頭鬼》
非共通効果は制限のない蘇生で、手札消費は激しいものの、非常に強力です。
闇以外の他の属性と比べると、地属性はアンデット族の多い種族なので、相性は良いと思われます。


《瀑征竜-タイダル/Tidal, Dragon Ruler of Waterfalls》
効果モンスター
星7/水属性/ドラゴン族/攻2600/守2000
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族
または水属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと水属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
このカードが除外された場合、
デッキからドラゴン族・水属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「瀑征竜-タイダル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

水属性アンデット族は一種しかなく、正直に言って非常に弱いカードですので、実質的にはゼロ枚です。
非共通効果は制限のない1枚指定の墓地肥やしで、墓地利用を主とする【アンデット族】とは相性が良いと考えられます。


《焔征竜-ブラスター/Blaster, Dragon Ruler of Infernos》
効果モンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2800/守1800
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族
または炎属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと炎属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、
フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
このカードが除外された場合、
デッキからドラゴン族・炎属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「焔征竜-ブラスター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

主な炎属性アンデット族は以下の通りです。
・《怨念の魂 業火》
・《スカル・フレイム》
・《デスカイザー・ドラゴン/バスター》
・《バーニング・スカルヘッド》
・《デスカイザー・ドラゴン》
非共通効果は制限のない破壊で、とても汎用性が高く強力です。特に《スカル・フレイム》は手札に持っていてもあまり使い道のないカードなので、さっさと墓地に落としてしまうのが良いでしょう。
《アンデットワールド》のある状態で《焔征竜-ブラスター》に《トランスターン》を使うことで、デッキから《スカル・フレイム》をSSすることができますので、これを利用するのも良いでしょう。


《嵐征竜-テンペスト/Tempest, Dragon Ruler of Storms》
効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
自分の手札・墓地からこのカード以外のドラゴン族
または風属性のモンスターを合計2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
特殊召喚したこのカードは相手のエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードと風属性モンスター1体を手札から墓地へ捨てる事で、
デッキからドラゴン族モンスター1体を手札に加える。
このカードが除外された場合、
デッキからドラゴン族・風属性モンスター1体を手札に加える事ができる。
「嵐征竜-テンペスト」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

風属性アンデット族は《スピード・キング☆スカル・フレイム》の一種類です。
非共通効果はドラゴン族のサーチなので、【アンデット族】にはあまり関係がありません。前述したような、《冥界龍 ドラゴネクロ》を使うためのドラゴン族サポートを使いたいときなどに使いましょう。
また、風属性ドラゴン族の中には《デブリ・ドラゴン》が居ますが、《デブリ・ドラゴン》は《ファラオの化身》《沼地の魔神王》などと相性の良いカードなので、そちらのシナジーを考えるのが良いでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。