スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Number Hunters新カード考察

今回は、海外で発売されるという「Number Hunters」に収録されるカードのうち、最近判明したとあるカードについて考察してみました。
今回の内容は強いネタバレ要素を含みます(といっても今更ですが)ので、それが嫌いな方は見ないようにしてください。


今回のカードテキストは、すべてスターライト速報様からの引用となっております。

おもちゃ箱
星1/光属性/機械族/攻 0/守 0
このカードが破壊され墓地へ送られた時、
デッキからカード名の異なる攻撃力または守備力0の通常モンスター2体を選んで表側守備表示で特殊召喚できる。
「おもちゃ箱」のこの効果は1ターンに1度しか発動できない。
この効果によって特殊召喚したモンスターはシンクロ素材として使用できず、次の自分のエンドフェイズ時に破壊される。


このカードは非常に面白いカードで、様々なカードと組み合わせることが可能です。また、条件は「破壊され墓地へ送られた時」と緩く、出したモンスターの自壊タイミングも「次の自分のエンドフェイズ時」と遅いため、様々な使い道が考えられます。


このカードでSSできるモンスターのうち、僕が面白いと感じたのは、以下のカードです。
《おジャマ・イエロー》《おジャマ・グリーン》《おジャマ・ブラック》
《ドラゴン・ゾンビ》《鎧武者ゾンビ》
《ジェムナイト・ガネット》《ジェムナイト・サフィア》
《魂喰らい》
《千年の盾》《迷宮壁ラビリンス・ウォール》

また、このカードと相性がよいと思ったカードは、以下のカードです。
《デブリ・ドラゴン》《ドラゴラド》
《炎王獣 ヤクシャ》《連鎖破壊》
《サイバー・エルタニン》
《腐乱犬》
《プリンセス・コロン》
《機械複製術》
《闇の量産工場》

では、次からは、それぞれについて考察してみたいと思います。



《おジャマ・イエロー》《おジャマ・グリーン》《おジャマ・ブラック》
当たり前のことを言うようですが、【おジャマ】の名称を含んでいるため、おジャマサポートを共有することが可能です。【おジャマ】には既に《おジャマ・ブルー》《おジャマジック》という万能サーチカードがあるため、《おもちゃ箱》を活かすことは中々できないかもしれません。しかし、《おもちゃ箱》はサーチではなくリクルートであるため、そのままR2エクシーズに繋げる点で優っています。



《ドラゴン・ゾンビ》《鎧武者ゾンビ》
《おもちゃ箱》のSS条件以外にも、「アンデット族」「闇属性」といった条件が同じため、様々なサポートカードを共有することが可能です。例えば、《悪夢再び》《闇の量産工場》といったカードでサルベージをして、《ゾンビ・マスター》の手札コストに活用することができます。
また、後で述べますが、《腐乱犬》がアンデット族なため、これと共にアンデット族サポートカードを投入する、というようなデッキも組めます



《ジェムナイト・ガネット》《ジェムナイト・サフィア》
【ジェムナイト】の名称を含んでいるため、ジェムナイトサポートを共有することが可能です。特に、《おもちゃ箱》を《レスキューラビット》の代わりとして使い、《ラヴァルバル・チェイン》から《ジェムナイト・フュージョン》を落とすという動きがしやすくなったのは注目すべき点でしょう。
また、後に述べますが、《ジェムナイト・サフィア》は《デブリ・ドラゴン》《ドラゴラド》を使うことでR4エクシーズすることができるため、それを活かしたデッキも組めます。



《魂喰らい》
このカードは《エクシーズ・リモーラ》で蘇生させることができます。《エクシーズ・リモーラ》は蘇生対象を墓地に落とす必要があるのが悩みでしたので、《おもちゃ箱》を使うことで、その悩みを改善できるかもしれません。ただし、《おもちゃ箱》を使う場合は他のバニラモンスターが必要なこと、このカード1枚が落ちているだけでは《エクシーズ・リモーラ》を使うことはできないことなどの注意点もあります。



《千年の盾》《迷宮壁ラビリンス・ウォール》
この2枚のカードをデッキに入れておけば、《おもちゃ箱》1枚からR5エクシーズを作ることが可能です。また、2枚ともDが3000とかなり高めになっていますので、《右手に盾を左手に剣を》《反転世界》で戦闘補助をしたり、《ブロークン・ブロッカー》で更に展開したりすることができます。
また、《デブリ・ドラゴン》で《千年の盾》《迷宮壁ラビリンス・ウォール》を蘇生させることで、《蒼眼の銀龍》も出せます。《千年の盾》に限っては《ウェポンチェンジ》《最強の盾》なども使えるので、これをメインにした構築も面白そうです。
余談ですが、僕は《千年の盾》を蘇生し続けることで《No.61 ヴォルカザウルス》を出すというデッキに負けたことがあります。



《デブリ・ドラゴン》《ドラゴラド》
《おもちゃ箱》で蘇生したモンスターを蘇生することで、1枚からR4エクシーズを作ることのできるモンスターたちです。先程は《ジェムナイト・サフィア》を挙げましたが、これに限らず、《魂虎》《火炎木人18》も蘇生することが可能なほか、《デブリ・ドラゴン》に関してのみ言えば、前述したような《デブリ・ドラゴン》《ドラゴラド》を蘇生することも可能です。
また、《デブリ・ドラゴン》《ドラゴラド》はどちらもドラゴン族ですので、《嵐征竜-テンペスト》第二効果でサーチすることができます。《デブリ・ドラゴン》に関してのみ言えば、《嵐征竜-テンペスト》第三効果でもサーチすることができますので、これを狙ったデッキを作ってみてもいいかもしれません。→【ノー・ジェムナイト・フュージョン】



《炎王獣 ヤクシャ》《連鎖破壊》
《おもちゃ箱》は破壊場所を特定されていないので、《炎王獣 ヤクシャ》《連鎖破壊》で手札・デッキから破壊された場合でも効果を使用することが可能です。ただし、《連鎖破壊》を使用した場合でも、《おもちゃ箱》の効果は一ターンに一度しか発動できないため、リクルートできるモンスターは2体限りなのは注意です。それでも2体は特殊召喚できますし、場には《おもちゃ箱》が残るわけですから、強力なコンボには変わりありません。
《炎王獣 ヤクシャ》はサーチ・リクルートが容易なため、動きの一つとして据えやすいのが利点です。そのため、《おもちゃ箱》以外に《炎王獣 ヤクシャ》の対象となるカードを入れても、腐ることはほとんどないでしょう。また、《炎王獣 ヤクシャ》は獣戦士族で《おもちゃ箱》は機械族なので、この2枚だけで《獣神機王バルバロスUr》を出すことができる点にも注目です。



《サイバー・エルタニン》
《おもちゃ箱》は光属性機械族ですので、《サイバー・エルタニン》のコストにすることが可能です。《サイバー・エルタニン》は非常に強力なカードで、場にモンスターを残しつつ《ブラック・ホール》を打てるため、積極的に使って行ってもよいでしょう。
しかし、《おもちゃ箱》でリクルートできるモンスターの中に《サイバー・エルタニン》の対象となるカードは居ないため、《サイバー・エルタニン》対応のカードを他に入れる場合は、よく考えて取捨選択をしなければなりません。また、《プリンセス・コロン》を使う場合は《おもちゃ箱》が除外されていてはいけないため、《サイバー・エルタニン》と相性が悪いことも留意しておくべきです。



《腐乱犬》《プリンセス・コロン》
この2枚のカードは、後でまた詳しく考えてみるため、ここでは詳説を省きます。



《機械複製術》
このカードは《おもちゃ箱》をデッキから2体リクルートすることができます。このカードを使う場合は、他にも《機械複製術》の対象となるカードを入れておきたいところです。しかし、《おもちゃ箱》《機械複製術》の両方に対応しているカードは存在しないため、よく考えて取捨選択をすることになります。



《闇の量産工場》
《おもちゃ箱》でリクルートしてきた2体のモンスターをサルベージすることが可能です。そのままでは特に使い道はありませんが、手札コストなどにして活用することもできます。また、《おもちゃ箱》でリクルートしてくるモンスターによっては、《悪夢再び》《サルベージ》にも対応しているため、非常に簡単に手札を増やすことができます。





腐乱犬 闇属性 星2
アンデット族 ATK/1000 DEF/1000
このカードが攻撃宣言をした時、このカードの攻撃力は500ポイントアップする。
このカードがフィールド上で破壊され墓地に送られた時、自分のデッキから攻撃力・守備力が0のレベル1モンスターをデッキから特殊召喚できる。
この効果で出したモンスターの効果は無効化され、次の自分のエンドフェイズ時に破壊される。


このカードは、おそらく《おもちゃ箱》をサポートするカードとして作られたのでしょうが、《おもちゃ箱》以外のカードもリクルートすることができるため、他のいくつかのカードともシナジーします。

また、このカード自体がアンデット族という恵まれた種族ですので、様々な種族サポートを受けることができます。特に、前述したように、《おもちゃ箱》で《ドラゴン・ゾンビ》《鎧武者ゾンビ》をリクルートしてきて、それらと《ゾンビ・マスター》で《悪夢再び》を共有しつつ、サルベージしたカードを《ゾンビ・マスター》の手札コストにするというデッキは、とても面白いのではないかと思っています。


このカードでSSできるモンスターのうち、僕が面白いと感じたのは、以下のカードです。
《おもちゃ箱》(前述しているため、詳説は省略。)
《死の花-ネクロ・フルール》
《リミット・リバース》《激流葬》



《死の花-ネクロ・フルール》
《死の花-ネクロ・フルール》は、《腐乱犬》と同じように、効果によって破壊されることによって効果を発動させることのできるカードです。そもそも《腐乱犬》でリクルートされたモンスターは、次の自分のエンドフェイズ時に自壊してしまうため、《腐乱犬》の効果さえ通してしまえば、確実に発動できます。



《リミット・リバース》《激流葬》
《リミット・リバース》は《腐乱犬》を蘇生しつつ自壊させることができますので、効果の発動がとてもスムーズにいきます。また、上の《死の花-ネクロ・フルール》とも相性がよく、とてもシナジーしています。《激流葬》は、単純に《腐乱犬》《死の花-ネクロ・フルール》を自壊させられるカードとして有用で、他にも《ブラック・ホール》《つり天井》《ジェネレーション・チェンジ》などが考えられます。





プリンセスコロン 光 ランク4
天使族 ATK/500 DEF/2200
☆4×2
このカードのエクシーズ召喚に成功した時、墓地の「おもちゃ箱」1枚を選択して特殊召喚できる。
このカード以外のモンスターが自分フィールド上に存在する時、相手はこのカードを攻撃及び効果の対象に選択できない。
自分フィールド上に表側表示で存在する通常モンスターが破壊され墓地に送られた時、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。デッキまたは墓地から通常モンスター1体を守備表示でで特殊召喚する。


このカードの特徴は、素材に☆4モンスターを指定しているものの、第三効果は☆4モンスターをしていないところだと思います。第三効果の指定は「通常モンスター」のみなので、破壊されたモンスターと同じレベルや攻撃力・守備力である必要はなく、☆4バニラが破壊された時に《青眼の白龍》をSSするということも可能になります。また、《おもちゃ箱》を使う場合でも、前述した《千年の盾》《迷宮壁ラビリンス・ウォール》をSSするなどが考えられます。
ただし、このカードは☆4モンスター2体を並べなければ出せませんので、☆4以外のバニラモンスターを多くすると、このカードを出しづらくなってしまう点は、注意しなければなりません。





今回の考察は、これで終わります。
《おもちゃ箱》は非常に面白いカードだと思うので、これからいくつかのデッキを考えて行きたいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分がこのカードを初めて見て思いついたのはジェムナイトでしたね
まあ皆さん思いついたでしょうがね
あとはレベル2以下のアンデが複数あるのでそれで何かできるかと思ったのですが、レベル2以下のサポートってようするにおジャマとかでもいいんですよね…
まあ一応「スピリッツ・オブ・ファラオ」というカードがありますがw

しかしおもちゃ箱ってどこでも発動できるんですね
これは気づきませんでしたw
プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。