スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゴーレム】およびコントロール転移

今回は【ゴーレム】と呼ばれるデッキや、それに付随するコントロール転移関連のカードについて考えてみたいと思います。
これらに関しては、長い間頭を捻っていたのですが、中々これといった構築ができず、困り果てています。
+メインとなるカード

-《洗脳解除》
-《所有者の刻印》

今回は、基本的にはこの2枚のカードを中心としたデッキを考えてみたいと思います。この2枚はどちらもコントロールを元々の持ち主に移す効果を持つカードであり、これを有効利用するのが【ゴーレム】となります。





+その他のコントロール奪取カード
-《地獄の傀儡魔人》
-《レスキュー・ウォリアー》
-《憑依するブラッド・ソウル》
-《傀儡虫》

相手フィールド上にモンスターを送りつけ、それを奪い返してくる」という動きが容易そうなのは、主にこの3枚です。他にも《精神操作》《エネミーコントローラー》など、コントロール奪取のカードはありましたが、「奪い返す」という趣旨にはそぐわないため、今回は割愛します。





+相手フィールド上に送りつけるカード

-《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》
-《トーチ・ゴーレム》
-《ヴォルカニック・クイーン》
-《エーリアン・スカル》
-《飛翔するG》
-《ヴィシャス・クロー》
-《リバイバル・ギフト》
-《ギブ&テイク》
-《ナイトメア・デーモンズ》

上記のカードとコンボできるカードは、主にこの辺りになります。数は多いですが、それぞれがかなり特徴的な動きをしますので、複数を組み合わせることは難しく、それがデッキとして成り立ちにくい理由なのだと思います。





ここからは、上記のカードから一部を抜き出して、相性の良いカードを解説しながら、それぞれの使い道を考えてみたいと思います。



+《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》

相性の良いカード
-《限界竜シュヴァルツシルト》
-《トーチ・ゴーレム》
-《傀儡虫》
-《飛翔するG》
-《デビリアン・ソング》
-《妖怪のいたずら》

【ゴーレム】の中核をなすこのカード。このカードを入れない構築も考えられるでしょうが、とても強力なカードであるため、基本的には入ることになると思います。
《洗脳解除》《所有者の刻印》だけでなく、《傀儡虫》でもコントロールを奪取できる点がポイント。ただし《傀儡虫》はエンドフェイズ時までとなっておりますので、そのターン中に決める場合を除いては、何らかの素材に使うと良いでしょう。
また、《限界竜シュヴァルツシルト》を出す手助けになるのも注目すヴぇきでしょう。《限界竜シュヴァルツシルト》もまた☆8のモンスターですので、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》を奪えばエクシーズに使うことができます。

《飛翔するG》《デビリアン・ソング》《妖怪のいたずら》は主に相手のシンクロ・エクシーズを阻害することに使います。そうすることで、相手フィールド上に複数のモンスターが並びやすくなり、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》を出しやすくなります。
同じ意味では《不協和音》なども阻害することができますが、《不協和音》は《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》以外のカードとシナジーがないため、記載はしませんでした。



+《トーチ・ゴーレム》

相性の良いカード
-《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》
-《限界竜シュヴァルツシルト》
-《傀儡虫》
-《ヘイト・バスター》
-《聖刻神龍-エネアード》

【ゴーレム】の中核をなすカードその2。《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》と同じように「☆8・A3000」のモンスターを相手フィールド上に出すことができ、かつ《傀儡虫》で奪取することも可能ですが、その運用方法は少し違います。
最大の特徴は、フィールド上にA0のトークンが2体生まれること。これは攻撃表示で出さなければいけませんので、何らかの方法で処理してしまわなければなりません。一番よい方法が《聖刻神龍-エネアード》で、《トーチ・ゴーレム》に加え《限界竜シュヴァルツシルト》などを使ってエクシーズすることで、2枚のカードを破壊することができるようになります。
トークンの処理方法といえば、《The アトモスフィア》《D-HERO Bloo-D》《レプティレス・ヴァースキ》辺りも有名ですが、《トーチ・ゴーレム》以外のカードとシナジーがないのが困りもの。
《ヘイト・バスター》を使う場合は他にも悪魔族モンスターを入れなければならないため、少し難しくはありますが、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《憑依するブラッド・ソウル》に加え、《リバイバル・ギフト》《ナイトメア・デーモンズ》のトークンも悪魔族なので、上手くやれば入れることができると思います。



+《憑依するブラッド・ソウル》

相性の良いカード
-《魔界発現世行きデスガイド》
-《飛翔するG》
-《ギブ&テイク》
-《リバイバル・ギフト》
-《妖怪のいたずら》
-《デビリアン・ソング》

特に強力なのが《リバイバル・ギフト》とのコンボ。このカードの効果を使えば、《リバイバル・ギフト》で出てきたギフト・デモン・トークンを全て奪い返すことができますので、《リバイバル・ギフト》で出してきたチューナーと一緒にシンクロすることができます。
ギフト・デモン・トークンは意外とステータスがよく、☆3の闇属性が2体ですので、☆2チューナーを使えば《ダークエンド・ドラゴン》、☆3ジェネクスチューナーを使えば《レアル・ジェネクス・クロキシアン》を出すことができます。
そもそも、僕がこれらのカードを研究し始めたきっかけは、このコンボで《レアル・ジェネクス・クロキシアン》を出したかったからなんですけどね。

また、《飛翔するG》を奪い返すことができたり、《妖怪のいたずら》《デビリアン・ソング》で効果対象の範囲を増やすことができたりする点もポイントです。これらは全て相手の阻害をすることもできるため、攻防共に強力なコンボとなるでしょう。
ただし、エクシーズモンスターは何があっても奪うことができないので、その点に関しては要注意です。そういう意味でも、《飛翔するG》との相性は良いのではないでしょうか。《飛翔するG》を奪って何をするのかは分かりませんが。



+《傀儡虫》

相性の良いカード
-《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》
-《トーチ・ゴーレム》
-《大樹海》
-《ヴィシャス・クロー》
-《リバイバル・ギフト》
-《ナイトメア・デーモンズ》

実は【ゴーレム】関連のカードには悪魔族モンスターが多く、特に《傀儡虫》は奪い返すためのカードであるため、非常に相性がよいものと思われます。
基本的な使い方は《洗脳解除》《所有者の刻印》と同じですが、奪い返すのはエンドフェイズ時までですので、その点にだけは注意しましょう。

また、《飛翔するG》をどうにかして奪い返し、自分フィールド上で破壊することができれば、《傀儡虫》をサーチすることも可能です。このコンボを使うのは少々難しいので、構築自体を【昆虫族】に傾けるという手もあるかもしれません。



+《A・ジェネクス・バードマン》

相性の良いカード
-《トーチ・ゴーレム》
-《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》
-《限界竜シュヴァルツシルト》
-《飛翔するG》
-《リバイバル・ギフト》
-《ナイトメア・デーモンズ》

奪い返したモンスターを手札に戻すことで、再びモンスターを送りつけることができるようになるカード。特に《洗脳解除》とのコンボが強力で、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》を4枚除去のカードにしたり、《トーチ・ゴーレム》を4体のトークンを生成するカードにしたりすることができます(少し過剰ですが)。
また、《飛翔するG》を単純に使い回すことができたり、《限界竜シュヴァルツシルト》を戻すことで召喚権を使わずに《星態龍》を作ることもできます。

《トーチ・ゴーレム》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《限界竜シュヴァルツシルト》を素材にすれば《星態龍》を出すことができ、ギフト・デモン・トークンやナイトメア・デーモン・トークンにすれば《レアル・ジェネクス・クロキシアン》を出すことができます。特に《レアル・ジェネクス・クロキシアン》は強力なカードなのですが、《洗脳解除》との相性が壊滅的に悪い点には注意しなければならないでしょう。





+その他

-《N・グラン・モール》
《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《トーチ・ゴーレム》《飛翔するG》に対して使うことで、再使用することができます。
また、岩石族なため、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《トーチ・ゴーレム》などと一緒に《ダーク・コーリング》を使えば《E-HERO ダーク・ガイア》を出すことができます。Aは3900になるため、フィニッシャーとしてとても強力です。この場合は《メタモルポット》などの他の岩石族モンスターを入れ、更に《冥府の使者ゴーズ》も入れると良いでしょう。

-《終末の騎士》
《ナイトメア・デーモンズ》を使いたい場合、《トリック・デーモン》を墓地に送ることで《ナイトメア・デーモンズ》をサーチすることができます。
また、《D-HERO ディアボリックガイ》を墓地に落とせば、《A・ジェネクス・バードマン》を使って《レアル・ジェネクス・クロキシアン》を出すことができたり、《ゾンビキャリア》を墓地に落として《獣神ヴァルカン》を出すことで上の《N・グラン・モール》と同じように使えたりという点もあります。色々と微妙ですが…。





これで【ゴーレム】およびコントロール転移に関する記事を終わります。



余談ですが、今回は少しだけレイアウトにも拘ってみました。そもそも、僕の文は基本的に長文ですので、レイアウトに拘らないと非常に読みづらくなってしまうため、少なからず拘らなければいけないだろうと思っていたからです。
本当はスタイルシートを使えばもっと読みやすくなるのですが、正直面倒なのでやっていません。もう少し時間とやる気があればやってみようかと思うのですが…。

カード名が全てピンク色で表示されてしまうため、文字色変更を多用してしまうと、逆に見づらいかと思い、今まで使ってこなかったのですが、文字色も変更してしまったほうが良いのでしょうか。よく分かりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分もゴーレム持ってますが、ランク8エクシーズとスキドレを入れた型にしてますね
シュヴァルツシルトやバルバをフルで積んでるのでアドバンスドローなども採用してます
あとスキドレとかでやたらライフ食うので中華鍋もw
逆にランク8特化してるので飛翔するGとかは採用してません(万能除去に変わるヴォルカニック・クイーンは入れてますがw)

しかしレアル・ジェネクス・クロキシアン好きですねw
まあ確かに良いカードですけどw
どこかのドラゴンデッキみたいにNo11ばっか出すデッキとは違いますよねー←

レイアウトですが、僕は今回みたいなのでも大丈夫だと思いますよ
少なくとも自分はすっと見れました

No title

コメントありがとうございます。

昔、クロキシアンを使ってみたとき、そのあまりの強さに驚かされて、以来ずっとクロキシアンが好きなんですよね。
ぶっちゃけ、作ってるデッキの何割かはクロキシアン出すために考えたものです。前回のダークストームもそうでしたしね。

レイアウトに関して答えてくださったのもありがとうございます。今度からも、こんな感じで行きたいと思います。
プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。