スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークストーム・ドラゴン

今回は、《ダークストーム・ドラゴン》を考えてみたいと思います。


36934752.gif

本当は《レアル・ジェネクス・クロキシアン》の素材にするつもりだったんですが、無理ですね()
次のストラクチャーデッキである「青眼龍降臨」にも収録されているこのカード。恐らく《竜の霊廟》《竜魂の城》《トレード・イン》辺りとのシナジーを買われて採用されているのでしょう。
特に《竜の霊廟》とのシナジーが重要で、【カオスドラゴン】などのデッキに、墓地肥やしのために入れられるという構築を何度か目にしました。場に出すつもりはないようで、個人的には少し悲しい気持ちもありますが、そういう意味でも、今もっとも注目されているカードの一つと言っても問題ないと思います。



《ダークストーム・ドラゴン/Darkstorm Dragon》
デュアルモンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2700/守2500
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。



要するに、
デュアル状態だと、自分の場の魔法罠1枚を墓地に送ることで、《大嵐》を使うことができる。
ということになります。

やった! 制限カードの《大嵐》が打てるじゃん! 強い!
と言いたいところですが、そう上手くいきません。


とりあえず、問題点を書き出すと、
・最上級モンスターなので、通常召喚はほぼ絶望的
・そもそもデュアルしないといけない
そもそも《ダークストーム・ドラゴン》を出すのが阻害されたら《大嵐》が打てない
・そもそもコストが必要
…くらいが挙げられるでしょうか。一つ一つは大したことがないものの、全部合わさってると中々面倒くさいことになります。

もちろん、墓地にあれば通常モンスター扱いになりますので、《思い出のブランコ》《黙する死者》で簡単に蘇生することができます。それに、召喚権を使わずSSすることができるため、デュアルすることも簡単です。
……が、それは逆に言うと、《ダークストーム・ドラゴン》を墓地に落とす必要があるということになります。幸い闇属性・ドラゴン族であるため、《終末の騎士》《竜の渓谷》《竜の霊廟》などで簡単に落とすことはできますが、そのためにデッキスペースや召喚権を割かなければならないことは留意しなければなりません。

そして、一番の問題が「召喚を阻害されてしまう」ということになります。《魔導法皇 ハイロン》《海皇龍 ポセイドラ》も同じですが、「召喚後に魔法罠を破壊する効果」は、逆に言うと「効果を使う前に除去されてしまう可能性が高い」ため、かなり使いにくいものになってしまいます。
つまり、諦めて除去に引っかからないことを祈るか、あるいは《ダークストーム・ドラゴン》を出す前に魔法罠を除去しなければならないということで、これは中々本末転倒な気がします。

最後の問題のコストですが、これは意外と簡単に解決できます。後で詳しく述べますが、《竜の渓谷》《スーペルヴィス》を使うことができるため、《ダークストーム・ドラゴン》を出したりする過程でコストを用意しやすいのです。



さて、このような点を踏まえて、《ダークストーム・ドラゴン》を活かすためにはどうすればいいか。その答えは、「自分フィールド上の魔法罠を能動的に破壊することができる」という点にあると思います。
そもそも、相手の場の魔法罠を破壊できるかどうかは、相手がカードを伏せるかどうかという点にも左右されるため、使えないことも考えられます。しかし、自分フィールド上を破壊するのは、相手には左右されませんので、間違いなく発動させることができます。
すでに多くの方がご存知だと思われる《スーペルヴィス》を筆頭に、新カードの《竜魂の城》など、この使い方に合致するカードはたくさんありますので、上手く使って行きたいところです。



《ダークストーム・ドラゴン》と言えば、恐らく皆さんがご存知でしょうが、《スーペルヴィス》を装備して効果を発動するコンボがあります。
《ダークストーム・ドラゴン》効果で《スーペルヴィス》を墓地に送り、魔法罠を全破壊。《スーペルヴィス》効果で墓地の《ダークストーム・ドラゴン》を蘇生し、2体の《ダークストーム・ドラゴン》でエクシーズ。《サンダーエンド・ドラゴン》を出して効果を使えば、フィールド上の《サンダーエンド・ドラゴン》以外のカード全てを破壊することができます。
これは極めて強力なコンボで、かつ必要カードも少なく、サーチが効いたり複数投入可能だったりで、中々狙いやすいコンボとなっております。《ダークストーム・ドラゴン》を使うなら、このコンボもやってみたいところですね。
《裁きの龍》でいいけどね



ここからは、《ダークストーム・ドラゴン》と相性の良いカードを列挙しつつ、個別にシナジーを解説してみたいと思います。





《竜の渓谷》
個人的に、《ダークストーム・ドラゴン》を使うならほぼ必須だと思っているカード。召喚権を使わずに《ダークストーム・ドラゴン》を墓地に落とすと共に、そのまま効果の発動コストにもなります。
また、《テラ・フォーミング》でサーチも容易なため、とにかく使いやすいカードだと思います。

《ダークストーム・ドラゴン》を使った後には、ただの置物になってしまうかもしれませんが、《伝説の白石》を入れることで《青眼の白龍》をサーチしたり、《ドラグニティ-ファランクス》を入れることで《トライデント・ドラギオン》を出したり、《ドラグニティ-コルセスカ》《ドラグニティ-ブランディストック》を入れることで《蒼眼の銀龍》を出したりすることができます。



《歯車街》

《ダークストーム・ドラゴン》で破壊するカードの選択肢として、とても強力なものだと思われます。この効果で出てくるモンスターもまた星8のモンスターですので、場合によってはR8エクシーズを出すことも考えてよいでしょう。
《竜の渓谷》とも相性がよく、《テラ・フォーミング》を共有できるという完璧なシナジーを形成しますが、《竜の渓谷》をコストに《ダークストーム・ドラゴン》を発動して《歯車街》を破壊するという動きはできないということだけが気がかりです。また、このカード自体を《ダークストーム・ドラゴン》のコストにしてしまった場合には効果が発動しませんので、その点は留意しておきましょう。
手札に来た《古代の機械巨竜》は《竜の渓谷》で捨てましょう。



《Z-ONE》
上記の《歯車街》を使う場合に考慮しておきたいカード。《ダークストーム・ドラゴン》で破壊すると、フィールド魔法をサルベージすることができます。
下記の《マジカルシルクハット》とも相性がよく、様々なコンボが考えられます。



《マジカルシルクハット》
上記の《歯車街》《Z-ONE》を使う場合、強いシナジーを形成するカード。
《ダークストーム・ドラゴン》は攻撃力が高く、攻撃されづらいカードですので、直接のシナジーはほぼないといってもよいでしょう。
また、《青き眼の乙女》を使う場合は、《スキル・サクセサー》を落とすこともできる点に注目です。



《竜魂の城》
今回のストラクチャーデッキで新しく登場するこのカード。ストラクにこのカードが入った理由としては、恐らく《青き眼の乙女》とのシナジーがあります。
しかし、後半の破壊効果に関しては、明らかに《ダークストーム・ドラゴン》とシナジーしている効果ですので、【ダークストーム・ドラゴン】では、こちらを上手く使って行きたいところです。
バニラ扱いになりながらも、効果との兼ね合い上《リビングデッドの呼び声》《正統なる血統》が使いにくい《ダークストーム・ドラゴン》にとって、このカードは中々有用なのではないでしょうか。足りない攻撃力を良い感じに補ってくれるところもよいでしょう。

ただし、このカードは「破壊」しなければ第二効果を使えませんので、《ダークストーム・ドラゴン》のコストにはできないことは覚えておくべきでしょう。



《青き眼の乙女》
《竜魂の城》を使う場合に考慮しておきたい一枚です。恐らく、《竜魂の城》はこのカードとのシナジーを考えて作られたカードで、自分ターンに対象に取ることで、非常に簡単に《青眼の白龍》を出すことが可能です。
《青き眼の乙女》は《青眼の白龍》とシンクロすると《蒼眼の銀龍》を出すことができるため、《蒼眼の銀龍》の効果で《ダークストーム・ドラゴン》を蘇生させることも考えられます。



《終末の騎士》《竜の霊廟》

《竜の渓谷》を使わなかった場合に採用したいカード。《竜の渓谷》はサイクロンに弱いという欠点を持っているため、それを嫌うならばこちらを使うのもよいでしょう。
ただし、《ダークストーム・ドラゴン》のコストにできませんので、コストを別に調達してくる必要があります。《スーペルヴィス》を引ければ理想的ですが、毎回引けるというわけではないので、他にも考えておきましょう。
また、《終末の騎士》を使う場合は、落とすカードが《竜の渓谷》と異なりますので、その点でも差別化が可能です。下記する《安全地帯》などを採用する場合は《BF-精鋭のゼピュロス》《ゾンビキャリア》(《獣神ヴァルカン》)を、【ジェネクス】と組み合わせる場合は《D-HERO ディアボリックガイ》を入れるなどが考えられます。
《竜の霊廟》の場合は、《ダークストーム・ドラゴン》を落とせばもう1枚のドラゴン族のカードを落とすこともできるので、《伝説の白石》などのカードを落とす可能性も考えられます。



《召喚僧サモンプリースト》

上記の《終末の騎士》を使う型の場合に入れておきたいカード。《終末の騎士》をリクルートして、《ダイガスタ・エメラル》を作れば《ダークストーム・ドラゴン》を蘇生でき、《ラヴァルバル・チェイン》を作ればもう1体の《ダークストーム・ドラゴン》を墓地に送ることができます。
《竜魔人 クィーンドラグーン》でも《ダークストーム・ドラゴン》を蘇生することができますが、効果が使えないだけでなく、通常モンスター扱いにすらならないことを注意しておかなければなりません。



《安全地帯》
上記の《終末の騎士》を使う型の場合に入れておきたいカード。《ダークストーム・ドラゴン》で墓地に送ることでモンスターも一緒に破壊できる上、《BF-精鋭のゼピュロス》ともシナジーがあります。
《終末の騎士》を使って《ゾンビキャリア》を落とせば《獣神ヴァルカン》を出すことができるので、こちらを使っても強いシナジーがあります。もうダクスト要らなくねぇか



《アビスコーン》など
《ダークストーム・ドラゴン》の効果で一緒に破壊してしまうことで、効果を発動させることができます。
が、《安全地帯》と違って汎用性に欠け、《ダークストーム・ドラゴン》のコストにできないという点が評価を下げます。



《ヒステリック・サイン》
《ダークストーム・ドラゴン》でコストにしたり破壊したり、《竜の渓谷》で墓地に送ったりすることができます。
また、《ヒステリック・サイン》を使うということは、【ハーピィ】と一緒に使うということですので、その場合は《竜の渓谷》で《嵐征竜-テンペスト》を落とすということも考えられるでしょう。
《ダークストーム・ドラゴン》が場にあれば、《ハーピィ・チャネラー》は星7になりますので、《嵐征竜-テンペスト》《ハーピィズペット竜》がなくてもR7を出せます。……が、この点は微妙ですね。
その他のドラゴン族サポート(《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《竜の霊廟》など)を共有できるという点も有用ではないかと思います。



《ディメンション・ゲート》
《青き眼の乙女》《聖刻龍-ドラゴンヌート》を使う場合には考慮しておきたい一枚です。対象に取ることで効果を発動しながら、《ダークストーム・ドラゴン》でコストにすれば、《聖刻龍-ドラゴンヌート》《青き眼の乙女》を場に戻し、《聖刻龍-ドラゴンヌート》の場合はもう一度効果を発動させることさえ可能にしてしまいます。
……とはいえ、それ以外のシナジーが見つからないのも事実。



《トレード・イン》
《青眼の白龍》を入れる型の場合に考えておきたいカード。特に《伝説の白石》が入っているなら、入れておくべきでしょう。



《忍法 超変化の術》《忍者マスター HANZO》
ドラゴン族と言えばこれ。
しかし、《忍法 超変化の術》がフィールドから離れてしまうと、《ダークストーム・ドラゴン》まで除外されてしまうため、普通に使うのは少し使いにくいところです。基本的には、《竜の渓谷》《終末の騎士》などで直接《ダークストーム・ドラゴン》を落とさない場合に、このカードを使って間接的に墓地に送る、という使い方になると思います。
その場合はシンクロやエクシーズに使って行きたいので、チューナーや他の星8モンスターを入れることも考えたほうが良いでしょう。



《リサイクル・ジェネクス》《レアル・ジェネクス・オラクル》
星1のジェネクスチューナーの2枚です。後者はジェネクスシンクロにしか使えないというデメリットを持っていますが、《レアル・ジェネクス・ターボ》を使って擬似リクルートができたり、《ワンダー・ワンド》のコストにできたりというメリットもあります。
そもそも僕が《ダークストーム・ドラゴン》に注目し始めたのは、《レアル・ジェネクス・クロキシアン》のシンクロ素材にできるということからでしたので、この2枚を使ってみたいところです。場の魔法罠を全て破壊した後で《レアル・ジェネクス・クロキシアン》を出すことができれば、相手にはかなり手痛いダメージを負わせていることでしょう。

……が、《ダークストーム・ドラゴン》をデュアル状態にするために召喚権を使ってしまうため、これらを出すタイミングがないというのも事実。《スーペルヴィス》を使えれば出せるのですが、《スーペルヴィス》がないとできないというのは中々厳しいものがあります。

《リサイクル・ジェネクス》は《蒼眼の銀龍》の素材にもできるので、その点を活かしていきたいところです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなんですよねぇ
ダークストーム・ドラゴンとかのカードたちって奈落とか警告に破壊されますからね…
ぶっちゃけ相手の魔法罠を破壊したいなら手間のかからない下級モンスターの方が便利という

さて少し反れましたが、使うならやはり能動的に自分のカードを破壊するように使いますよね
しかしこれほど相性が良いカードがあるんですね
蒼眼の銀龍を出しやすくするならガード・オブ・フレムベルを入れたらスーペルヴィスを送ったときに出ますよね
まあブルーアイズとか出した方が強い気がしますがねw
あとデッキにドラゴン通常モンスター限定ならほぼ上位互換の銀龍の轟咆を入れてないのには何か理由あるのですか?

No title

轟砲は素直に忘れてましたね…(´・ω・`)
判明が最後だったからか、何故か頭に残ってないんですよねw

ガフレ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

竜魂の城は<破壊>ではなくフィールドから墓地に贈られたときで破壊する必要はありませんよwww

No title

>竜魂の城は<破壊>ではなくフィールドから墓地に贈られたときで破壊する必要はありませんよwww

《ダークストーム・ドラゴン》の発動コストにしてしまうと、効果が発動できないという意味での発言でした。少し言葉足らずだったかもしれませんね。
ちなみに、《竜魂の城》の第二効果は「~時、~できる」という記述ですので、タイミングを逃します。よって、《ダークストーム・ドラゴン》のコストにした場合は効果が使えません。
プロフィール

りゅうか

Author:りゅうか
カードゲームと東方Projectが大好きです。たまに小説とか絵とかも書きます。

デッキはこちらから→遊戯王☆カード検索
僕の参加する対戦動画は→こちら
僕の投稿する動画は→こちら

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。